勤務期間は自分に合った求人情報から選びましょう

こだわり求人情報超入門

Feature topics

自分に合った期間を選ぼう

自分に合った期間を選ぼう

短期バイトのメリット・デメリット

求人情報誌を見てバイトを探していると、働く期間が短期間と長期間の二種類あることが分かります。まずは、短期バイトのメリットとデメリットを紹介します。短期のバイトは、1日だけ働くことになるものから数週間働くことになるものまで様々です。そして、長期バイトに比べると高給与である場合が多くなっています。そのため、短期間でたくさん稼ぎたいと思っている人は、短期バイトの方が適していると考えられます。給与については、短期だと日給で表示されていることが多いので、その期間内でどれだけ稼げるかを一目で確認することが可能です。
更には、日払いで雇ってくれる所であれば、来月まで待たなくてもすぐに給料を手にすることができるというメリットもあります。バイトでは、他のスタッフとの人間関係も重要なポイントになりますが、短期であれば長期間同じスタッフと働くことがありません。そのため、人間関係で嫌な思いをし続けることがないので、職場の雰囲気や人間関係が気になるという人にも向いています。短期バイトで人気があるのは、イベントやライブの裏方として働くイベントスタッフです。好きなアーティストのライブでチケットが取れなくても、その会場に入ることができるというメリットがあります。
しかし、入れるとは言っても仕事で来ているだけなので、当然ながらゆっくりライブを楽しむということにはなりません。また、会場の外でチケット確認やグッズ販売をするスタッフとして配属される可能性もあります。ライブやイベントは動員数も多くなるので、かなり忙しく疲れる仕事であることも忘れないようにしましょう。

長期バイトのメリット・デメリット

長期バイトは、一般のお店や小売店などでバイトをする場合が当てはまります。短期バイトに比べれば、時給が低く設定される傾向にあるため、一気にたくさん稼ぎたい人にはあまり向いていないかもしれません。しかし、長期バイトを選ぶことは、その仕事を極めることができるという大きなメリットがあるのです。もし、将来大学を卒業後にその業界に進みたいというのであれば、長期バイトをすることで、学生の時からスキルを身に付けることができます。例えば、接客業であれば、言葉遣いや接客スキルを確実に学ぶことができるのです。また、長期間働くことで実績を積めば、将来は正社員として継続して雇用されることになるかもしれません。短期バイトであれば、バイトから正社員への昇格は、普通に考えてありえないことです。もし正社員登用がアルバイト先であれば、就職に困るということもなくなります。そのため、もしある業界に就職を決めているというのであれば、長期バイトから始めてみるというのも一つの策だと考えられます。

要Check記事

  • 例文あり!志望動機の書き方
    せっかく自分に合ったバイトを見つけても、採用されなければ意味がありません。採用されるかどうかを左右するものの一つに、履歴書の志望動機があります。志望動機は、しっかりと思いを書くことができれば面接官に大きくアピールできるところです。しかし、思うように書くことができずに悩むこともあるでしょう。そこで、なかなか志望動機を書くことができない時に役立つ志望動機の書き方と例文を、4つのパターンに分けて紹介していきます。
  • 学生も出来る高給与バイト
    飲み会や旅行などで出費が多くなることがある大学生にとっては、高給与バイトができると嬉しいのではないでしょうか。多くの学生が、テレアポや家電量販店のキャンペーンのバイトなどの高給与バイトで稼いでいます。しかし、普段はバイトをする時間がないという人であれば、これらのバイトは難しくなります。そのような場合には、夏休みなどにまとまったお金を稼げるリゾートバイトや富士山の山小屋でのバイトがオススメです。バイトの紹介と共に、バイトのルールなどが学べるオススメの本も紹介します。