求人情報を探す前に優先順位を整理しよう

こだわり求人情報超入門

Feature topics

優先順位を考えよう

優先順位を考えよう

3つの条件を決める

アルバイト求人を探す時は、膨大な数の求人から自分に適したものを選ばなければなりません。そのため、ただ適当に探すと時間がかかってしまいますし、良い求人が見つからない可能性もあります。求人探しで失敗しないために、探す前には優先順位を決めるようにしましょう。
まず、どのような条件を重視するかを決め、それから優先順位を決めて、絶対にやらないことを決めるという流れになります。求人情報には、働く場所や給料、労働時間の長さ、職種など、かなり多くの情報が書かれています。情報量が多いため、ある程度重視する条件を決めておかないと探すのに時間がかかってしまいます。また、それだけ条件が多いと、自分の希望を全てクリアした求人を見つけるのは難しくなってしまいます。そのため、まずはどの条件を重視するかを決めることが大事なのです。重視する条件の数は、3つ程決めると良いでしょう。
例えば、学校から近い職場であることや勤務時間が4時間でも大丈夫なこと、人間関係が良好なことの3つなどです。このように3つ決めますが、これは必ずしも全てを満たしている求人を探すということではありません。偶然全てを満たす求人が見つかれば良いですが、見つからないこともあります。そのため、条件には優先順位を付けることになります。

どのように優先順位を付けるか

先程の3つの条件で優先順位の付け方の例を見ていきましょう。職場の位置と短時間労働、人間関係の3つを重視する人は、続けやすさを重視していると考えられます。続けやすさ重視であれば、人間関係が良好であることが最も優先される条件になるでしょう。学校や家から遠いと続けるのは大変になるかもしれませんが、それ以上に職場の雰囲気が悪いと、好きな仕事でも長く続けるのが難しくなってしまいます。そのため、雰囲気が良くて競争が激しくなく、なるべく短い時間でできる仕事という順位を付けて探していきます。

やらないことを決めることの重要性

順位を付けた後で実際に探して見ると、色々な職種の条件が出てきます。その時も、全ての求人を確認するということはせず、絶対にやらないことを決めてから見ていくことが必要です。例えば、あまり力がないから肉体労働は省くなどです。わざわざ苦手なことを仕事にする必要はありません。絶対にやらないものを決めて譲らなければ、自分に合わない職場やブラック企業などに行く可能性を下げることができます。せっかくバイトを頑張ろうと思っていても、そこがブラックであれば嫌な思いだけをすることになってしまいます。楽しい気持ちでバイトができるようになるためにも、条件と優先順位、やらないことを決めることは非常に重要なのです。そのため、求人を探す時にはいきなり探すのではなく、よく考えてから探すようにしましょう。

要Check記事

  • 例文あり!志望動機の書き方
    せっかく自分に合ったバイトを見つけても、採用されなければ意味がありません。採用されるかどうかを左右するものの一つに、履歴書の志望動機があります。志望動機は、しっかりと思いを書くことができれば面接官に大きくアピールできるところです。しかし、思うように書くことができずに悩むこともあるでしょう。そこで、なかなか志望動機を書くことができない時に役立つ志望動機の書き方と例文を、4つのパターンに分けて紹介していきます。
  • 学生も出来る高給与バイト
    飲み会や旅行などで出費が多くなることがある大学生にとっては、高給与バイトができると嬉しいのではないでしょうか。多くの学生が、テレアポや家電量販店のキャンペーンのバイトなどの高給与バイトで稼いでいます。しかし、普段はバイトをする時間がないという人であれば、これらのバイトは難しくなります。そのような場合には、夏休みなどにまとまったお金を稼げるリゾートバイトや富士山の山小屋でのバイトがオススメです。バイトの紹介と共に、バイトのルールなどが学べるオススメの本も紹介します。